13 8月 2020

モスクワの素晴らしい緑の屋根

0コメント

モスクワ郊外の広大な敷地にあるベルリンを拠点とするスタジオj.mayer.hは、家族向けの民家を設計しました。 57,048.73 ft2(5300 m2)の総床面積を誇るこの巨大なプロジェクトは、景観と建築環境の境界線を曖昧にする建築言語の作成に焦点を当てています。 組み込む 緑に覆われた屋根 そして有機的で波状の形で、nn住居は本質的にそれを取り巻くなだらかな丘のパターンに溶け込みます。

モスクワの素晴らしい緑の屋根

ビルドされたフォームはj.mayer.hによってサイトに拡張するように設計されています。 この水平性は、いくつかの要素によって実現されます。 まず、草で覆われた屋根が、ある時点で地面に触れ、建築と自然の間の穏やかな移行を生み出します。 詳細なランドスケープデザインのおかげで、建物は区画に効果的に埋め込まれ、家の湾曲した形状を反映し、手つかずの自然の領域も取り入れています。

モスクワの素晴らしい緑の屋根

2フロアにわたるプログラムは、フレキシブルであり、外観を反映する直線を省いた計画です。 家の社交的機能は開放的に作成され、建物を囲むガラス張りのファサードが光の充満したインテリアを提供します。 上層階のベッドルームもランプのような形で庭に直接アクセスできます 緑の屋根ただし、これらの静かなスペースは、プランの奥深くにあるため、プライバシーが確保されます。

モスクワの素晴らしい緑の屋根

美学だけでなく、 モスクワの緑の屋根 密な床は、表面の蒸発と加熱と冷却のための熱緩衝能力によって、より良い内部気候を提供します。 住居の片側はモスクワ川に隣接していますが、建築家は新しい建物と水との間に十分な距離を確保しています。 全体的に、そして家族の家の大部分を考慮すると、j.mayer.hのデザインは、サイトに溶け込むアーキテクチャを効果的に作成します。 nnの住居は、周囲に自分を偽装する動物のように、自然と造形の境界を探索します。

モスクワの素晴らしい緑の屋根

モスクワの素晴らしい緑の屋根

モスクワの素晴らしい緑の屋根

この記事はdesignboom.comから複製されました

[上]

教授エッセイ 入力します scientific method research paper topics best online viagra pharmacy store https://childbirthsolutions.com/sildenafil/hur-f-tag-p-viagra/20/ 論文批評用紙の書き方 how to write @ medical school personal statement service buy viagra online next day delivery バイアグラオナニー https://www.aestheticscienceinstitute.edu/medical/kamagra-dubai/100/ https://thembl.org/masters/pros-and-cons-essay-fast-food/60/ エッセイ会社 譲渡ヘルパー concrete thesis リンクを取得 how to solve bullying problemsВ creative ways to write about myself サイトに入る proper words to use in an essay ソースURL viagra pharmacie quebec https://earthwiseradio.org/editing/research-papers-in-computer-science-topics/8/ URLをたどる as level graphics coursework https://pharmacy.chsu.edu/pages/guidelines-for-writing-a-scientific-paper/45/ as homework help ここ https://naturalpath.net/natural-news/cialis-on-black-market/100/ la viagra exita a las mujeres martin luther king writing paper お問い合わせ

ご連絡をお待ちしております。
連絡を取ると、早急に連絡します。