雨水採取モジュールの設置

雨水採取モジュールの設置

Step1:発掘

掘削掘削面積の大きさに注意して、タンク寸法、十分な埋め戻し材料、および埋め戻し中に必要とされる締固め設備を考慮できるように、それは雨タンクのサイズよりも大きくすべきである。

ステップ2:ベースを準備する

ベース材料は、砂や石などのコンパクトな材料(95%)でなければならない。プロジェクトの設計には、土壌への水の浸透が組み込まれている場合、ベース材料は砂またはオープングレードの石でなければならない。 浸透が必要ない場合は、より耐久性のある道路基材を使用することができます。 地面が平野であることを確認してください。

ステップ3:砂を埋める

完了したタンクモジュールが設置エリアのできるだけ近くにステージングできるように、表面を平らにするために砂で満たしてください。

ステップ4:ジオテキスタイルを配置する

ほとんどのアプリケーションでは、ジオテキスタイルは150g / sqmの不織布でなければなりません。 ジオテキスタイルを掘削に、300mmで、またはエンジニアが指定したとおりにラップすることで、配置します。 雨タンクを覆うために端に十分な布を確保する。

ステップ5:raintanksをインストールする

ストリングラインを使用して、設置エリアの1つのコーナーに2本の直線を確立し、すべてのレインタンクを満たします。

ステップ6:タンクをジオテキスタイルで包む

ステップ4でジオテキスタイルの場所を雨タンクユニットの上に包み、雨タンクの周りに布製の包みを作り、システムを完全に密閉してシステムからバックフィル材を守ります。 織物が雨タンクにしっかりと覆われていることを確認してください。

ステップ7:土を埋める。

埋め戻しが雨タンクユニットの上部に達すると、埋め戻し材料で構造を覆い始めます。 雨タンクに最初の150mmリフトを置くときは注意してください。 軽量で動力を与えられる機械的コンプラクタまたはローラを使用して材料を広げます。

次の150mmリフトは、トラック付き軽量機器を使用して配置することができます。 500mm以上の材料とブレードを300mmの位置に置き、必要に応じて95%まで圧縮します。

ステップ8:インストールが正しいことを確認します。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

お問い合わせ

ご連絡をお待ちしております。
連絡を取ると、早急に連絡します。