グラスグリッドインストール

グラスグリッドインストール

パーキングロットグリッド用の土壌層

1。 土壌層の密度は、リース85%で圧縮する必要があります。

2。 圧縮された砂利層の厚さは約350mmであるべきである。 広げて平らにし、緻密になるまで積層する。

3。 舗装70mmの厚さの小さな砂利(20%の土、20%の砂と60%の小さな砂利を混ぜたもの)を水平にします。

4。 舗装草のグリッド、あなたはまた、鋸で適切な形状に草のグリッドをカットすることができます、グリッドの間に少しミリメートルを残します。

5。 草木を舗装した後、必要に応じて固定釘を使って草木をさらに強化することができます。

6。 草の種子を植える場合は、土壌を植えて芝生を植え、1cmのままにして草の種を蒔き、薄い土の層を振りかける。

7。 芝生で舗装している場合は、まず芝生の敷地に植えつけた土壌をいっぱいに敷き、擦り直して表面を平らにします。 芝生を舗装するとき、約2cmの隙間を残して舗装をずらします。 フローティングスラリーまで給水し、小さなローラーまたはプレート振動機で芝を芝生のグリッドに繰り返し抑制する。

8。 駐車スペースは大理石ストリップまたは他のセクターを使用して駐車スペースをマークすることができ、また、目立つハットタグを使用して、セルラーグリッドに駐車用セパレータとして埋め込むことができる

9。 芝生は年に4〜6回建設する必要があり、タイムリーに雑草を除去する必要があります。 暑い季節には、定期的に水を注ぐか、必要な保全と管理を行うために自動給水設備を設置する必要があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

お問い合わせ

ご連絡をお待ちしております。
連絡を取ると、早急に連絡します。