なぜ馬のパドックマッドコントロールグリッドを使用する必要があるのですか?

すべての仲間の馬の所有者は、彼らの貴重な馬を時々泥だらけの馬のパドックの犠牲者にさせてきました。 泥だらけのパドックは危険であり、すべての馬の健康に有害です。 一部の納屋の所有者は泥だらけのパドックを避けられないと考えていますが、それらを制御する方法はいくつかあります。 この記事では、焦点を当てます マッドコントロールグリッド 泥だらけのパドックを根絶するために!

馬のパドックの泥制御グリッドは、低い場所を防ぎ、降雨が効率的に流れることを可能にし、泥だらけの混乱に発展する水が溜まっているエリアを減らします。 グリッドは、動物が立ったり歩いたりするためのプラットフォームを提供し、泥が蓄積するのを防ぎます。

それは間違いありません 馬のパドック泥制御グリッド 確かに、ほぼすべての納屋の所有者にとって必要です。 この記事では、他のいくつかと一緒に泥制御グリッドの基本について説明します 泥だらけのパドックへの解決策。 したがって、この記事の最後まで滞在し、この記事から得られるすべての知識を活用してください。

馬のパドック泥制御グリッドとは何ですか?

馬のパドックの泥制御グリッドは、馬のパドックの領域に泥が入らないようにすると同時に、立つための堅固な表面を提供します。 一部のタイプの超強化グリッドは、下部構造を必要とせず、地面に直接設置できるという意味で珍しいものです。

納屋の動物や馬が歩き回る地域は、特に雨季に泥に関連する問題にさらされることがよくあります。 降雨量が多いが、十分な排水インフラが整っていない地域では、泥が問題になることはよくあることです。

動物が泥の中を歩いたり立ったりすると、大きな轍ができ、最終的には深い泥ができて、納屋の所有者とその動物の状況がかなり悪化します。 泥が厚いと、馬や牛に損傷や病気を引き起こす可能性があります。また、人や農機具の移動が非常に困難になる可能性があります。

この問題の最善の解決策は、泥管理パネルグリッドです。 これらのグリッドは市場に出回っており、XNUMXつのタイプがあります。特に、泥だらけの家畜エリアを修正することを目的としています。XNUMXつは地面に埋め込まれ、もうXNUMXつは単に地面の上に置かれます。

これらのタイプのグリッドは両方とも広く利用可能です。 それらの対比、およびそれらの特別な利点については、以下でさらに詳しく説明します。 したがって、納屋に設置する南京錠の種類を決定する前に、必ずそれらを確認してください。

 パドックスラブ

マッドコントロールグリッドの最初のバリエーションは、パドックスラブです。 これらは、頑丈な地下泥グリッドに最適なソリューションです。 これらのパドックスラブは、特に馬を対象としていますが、納屋全体の全重量を支えるのに十分な頑丈さを備えています。

パドックスラブは超強化されており、特に馬の使用を目的としています。 また、粉砕に耐えるために破損することなく、10%以上曲げることができます。 パドックスラブは優れた長期オプションであり、何十年にもわたって頻繁に使用される、強化された泥のないパドックを提供します。

ただし、パドックスラブの設置は、適切な泥の制御を維持するために地下に適切に埋め込む必要があるため、少し複雑です。

マッドコントロールグリッド

XNUMX番目のタイプは マッドコントロールグリッド これは、セットアップとメンテナンスが非常に簡単でありながら、泥のないパドックを提供することを目的としています。 グリッドを地面の上または既存の泥の上に直接構築することができます。 グリッドは、馬や動物、自動車やトラクターを収納するのに十分な頑丈さを備えています。

これらのグリッドは穴が開いているため、これらのグリッドの表面から水を排出することができます。 さらに、グリッドは地上から高くなっているため、グリッドの下に水を貯めることができます。 グリッドを接続するだけで、複数のグリッドを接続することで、より大きな泥のない表面を作成できます。

グリッドは、水が流れるようにすることで地面を維持し、歩行のための安定した基盤を提供するだけでなく、地域の美観を向上させるのにも役立ちます。 それらは、泥の堆積と流出水の浸食を防ぐのに役立ちます。

 

なぜ泥制御グリッドが必要なのですか?


泥は、擦り傷や蹄膿瘍など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。 また、靭帯の緊張や断裂の可能性を高める可能性があります。 泥だらけのパドックは作業が難しく、牧草地へのアクセスを制限し、柵を交換する可能性があります。 泥コントロールグリッドを使用すると、馬の全体的な健康に貢献することができます。

泥だらけの牧草地とパドックエリアは、馬の飼い主にとって大きな欲求不満の原因です。 泥に滑り込むと、動物に怪我をさせる可能性があります。 馬のパドックの泥管理グリッドは、泥だらけの地域を管理するためのXNUMXつの方法です。 別のアプローチはゴムを置くことです マッドコントロールマット 馬のひづめがこすれるのを防ぐためのタイル。

ただし、簡単にするために、マッドコントロールグリッドは最高のマッドであるため、この記事ではマッドコントロールグリッドに焦点を当てています。 パドックと牧草地の管理。 一方、マッドコントロールグリッドは、土地をリースしていて、恒久的なパドック補強に投資することを恐れている馬の所有者に最適です。

それらはまた非常に実行可能であり、用途の長いリストがあります。 市場に出回っている泥制御グリッドの中には、トラクターにも耐えられるものがあります。 それにもかかわらず、それらはまた持ち運び可能であり、容易に取り外しおよび移動可能である。

また、インストールプロセスが簡単なため、いつでも操作するのに非常に理想的です。 したがって、これらの悪い男の子が手元にあれば、あなたはあなたの馬について少し心配する必要はありません。

それでもなお、過剰な泥があなたの馬に潜む危険性を知ることは重要です。 馬は繊細な生き物であるため、過剰な泥にさらされると、いくつかの危険の犠牲になる傾向があります。

泥だらけの環境に頻繁にさらされると、次のような病気や病気を引き起こす可能性があります。

  • 滑り落ちの結果としてのあざ
  • 細菌感染症
  • 冬の間に泥が凍った結果としてひづめが傷ついた
  • ツグミ感染症
  • 腱捻挫
  • 関節の病気

泥だらけのパドックはあなたの馬を汚くするだけでなく、大きな合併症を引き起こす可能性があります。 湿った泥だらけのひづめや足は、病気が広がるホットスポットになる可能性があります。

グリッドの管理は面倒で費用がかかるように感じるかもしれませんが、獣医の請求書、リハビリ治療、およびその他の費用を節約できる可能性があります。 したがって、長期的には、実際に多くのお金を節約できます。 また、あなたの馬が可能な限り最も安全で健康的で泥のない環境にあることを知っているので安心できます。

マッドコントロールグリッドを設定する方法は?

マッドコントロールグリッドを配置する場所を選択します。 グリッドを配置し、グリッドを接続してより多くの領域をカバーします。 犠牲エリアを作成し、それからその地域を土で平らにします。

洪水管理を支援するためにホースパドックマッドコントロールグリッドを設置することは、農場の泥だらけの場所に対する長期的な解決策です。 ただし、厄介な混乱を完全に取り除きたい場合は、これが最善の解決策です。 泥制御グリッドの設置は、思ったほど簡単です。 ただし、わかりやすくするために、役立つ小さなガイドを作成します。

  • ステップ1: 泥の影響を受ける適切な場所を選択し、それをクレンジングしてグリッド用のスペースを確保する必要があります。 下の土の固い土台に達するまで、泥や汚れの過剰な存在に注意してください。 通常、馬の所有者は、馬が主に居住する低地のエリアを選択します。
  • ステップ2: 割り当てられたスペースにグリッドタイルを配置し、いくつかのタイルを結合します。 泥制御グリッドには、複数のタイルを相互接続して泥のない地面を覆うことができるインターロックシステムがあります。
  • ステップ3(オプション): また、砂利を使用して、土壌をあらゆる種類の植物の成長に適さないようにするための犠牲領域を作成することもできます。 砂利と土を混ぜて、グリッドタイルの上に置くこともできます。 多くの植物は馬が納屋で休む地域で育ちます、それでこれは多くの馬の所有者が望まない植物の成長を取り除くために使う解決策です。
  • ステップ4: タイルを所定の位置に置き、乾いた土で覆って、タイルが周囲の土と同じ高さになるようにします。 グリッドは汚れを乾燥させ、侵食から保護します。 また、砂利を追加してグリッド内の隙間に沈み込み、最終的には下に埋め込まれた土に到達することもできます。

砂利と土はタイルを所定の位置に保ち、その地域から泥を取り除きながら馬が休むための安定したプラットフォームを作ります。


結論

簡単に言えば、泥と馬は仲良くしません。 したがって、マッドコントロールグリッドを実装することは適切なオプションです。 馬のパドック泥制御グリッド 銀行を壊すことなくこれらの問題を解決することができます。 それらは恒久的な泥管理オプションよりも優れています。

泥を防ぐための手動の方法 馬のパドック また、コミットメントを要求するため、効果がありません。 全体として、コントロールグリッドは他の用途もあるため、最適に機能します。 泥の管理についてのこのエッセイを読んでくれてありがとう、そして私たちはあなたが冒険の周りであなたの将来の馬鹿になることを願っています。 よろしく!

お問い合わせ

ご連絡をお待ちしております。
ご連絡いただければ、できるだけ早くご連絡いたします。